離床センサー:見守りライフ

離床センサー『見守りライフ』

既存のベッド脚に簡単に取り付けるだけで導入できる介護用の離床センサーで、 離床予知をはじめ、生活リズムやバイタル情報を蓄積・集中管理。転倒予防や健康見守りに活用できます。

離床センサー:見守りライフ

転倒リスクの低減を目標に開発された、見守りライフ。
ベッド脚に取り付けて使用するセンサーがベッド上の挙動を検知し集中管理できる、離床センサーシステムです。
従来のマット型では難しかった、「動き出し」「起き上がり」「端座位」などのタイミングを検知。
離床予知を行うことで従来より駆けつけるタイミングが早くなり、転倒・事故リスクの低減に貢献します。

このような施設様におすすめします

従来のマット型センサーでは検知しきれなかった患者様・利用者様がいらっしゃる病院様・施設様

転倒リスクの低減を図り、なおかつスタッフの負担を軽減したい。

介助介入時に不要なナースコールを鳴らしたくない

患者様・利用者様の生活リズムのログ(記録)を活用したい

患者様・利用者様のご家族(関係者)から、施設への理解と信頼を深めたい

導入に大きな費用をかけたくない。大掛かりで面倒な設置工事、作業はしたくない

離床センサー:見守りライフ 導入のメリット

メリット01 離床予知で先回りの介護

動き出しを検知、離床を予知して通知。
転倒・転落前の早期介助が可能です。
既存のナースコールと連動させ通知することができ、
先回りの介助が行えます。

見守りライフは、ベッド上での動きを検知するため、動き出しが起こるタイミングからいち早くお知らせ。駆けつけるタイミングが早くなることで転倒リスクの低減に効果があります。

メリット02 検知精度が向上します

床マットタイプではマットをまたいだり、マットの置かれていないところから離床された場合、検知ができませんでしたが、見守りライフはベッド上の荷重を検知するタイプの離床センサーなので、正確に検知することができます。

また、ベッド下マットの場合、導入されたユーザー様から検知タイミングが適切でない(誤検知がある)といった報告をいただいております。
見守りライフではベッド上の荷重を検知していますので、ベッドに対する設定のみで誤検知の少ない運用が可能です。もちろん、患者様・利用者様毎に位置調整などの必要はありません。
介助介入時にうっかりマットを踏んでしまう、センサーに検知されてしまう等、介護作業時に意図せずナースコールを鳴らしてしまうといったこともありません。

メリット03 集中管理機能でスタッフの負担を軽減します

複数の入居者様のベッド上での様子が一度にモニターでき、効率よく状態確認が行えます。
管理パソコン(パソコン、タブレット、スマートフォン)などで、1画面 最大40床まで同時表示が可能です。
ユニット単位・フロア単位などで見守る範囲の設定もできます。
特に夜間、休日といったスタッフ数の少ない時間帯でも、効果的な見守り体制の実現をサポートします。

メリット04 患者様・利用者様も安心して過ごせます

見守りライフは患者様・利用者様の睡眠時間・体重・脈拍・呼吸数(※)など、ベッド上での活動データを蓄積することが可能です。
取得したデータはケアマネージャー様や医療機関様との連携により、健康管理・介護予防に活用することができます。

また、見守りライフは監視カメラのように患者様・利用者様のプライベートを監視するものではありません。
病院様や介護施設様はもちろん、在宅介護などの人の目が届きにくい状況下でも、いつもと様子が違うときは、見守りライフの管理画面から察知できますので患者様・利用者様も安心・快適に過ごしていただけます。

※脈拍・呼吸数の計測には別売のオプションセンサーが必要です。

メリット05 患者様・利用者様のご家族(関係者)へ生活状況が分かる客観的なデータを開示することで、施設様への理解と信頼が深まります

見守りライフには入居者様のご家族様へ、生活状況をお知らせすることができる機能が備わっています。 普段の生活状況を客観的な数値データとして“見える化”することで、ご家族の安心材料となり、施設様への信頼へと繋がります。

定期配信メール

定期的に生活状況を登録されたご家族や関係者へメールで自動配信します。ご家族や介護スタッフの方などに、毎日の生活状況をお知らせすることができます。

いつもと違うお知らせ

ベッドに指定時間以上戻らない、指定時間以上留まっている、脈拍・呼吸(※)がいつもと異なる・・・
など、指定した条件の時にご家族、関係者へ自動的にメールを送信します。
万が一の緊急時の早期発見にもなり、迅速な対応が可能となります。

※脈拍・呼吸数の計測には別売のオプションセンサーが必要です。

メリット06 ベッドの買い替えは不要!大掛かりで面倒な工事も不要

既設のベッドに離床センサーを取り付けるだけ。ベッドを買い換える必要がなく、現在の環境に容易に導入することが可能です。

メリット07 お手入れも簡潔

水洗い可能なマットセンサーも見受けられますが、やはり肌に近いところに設置するものですから、清潔に保つために配慮を必要とします。
見守りライフの離床センサーはベッド脚に取り付けるものですので、患者様・利用者様が直接触れる機会が少なく、主な部分は金属製なのでお手入れも簡潔にできます。

メリット08 保守体制も安心

マット型のものは概ね2年で交換をされているケースが多いようです。(ユーザー様の声より)
見守りライフのセンサー部分は通常使用において6年以上の耐久性を考慮して開発されています。
トータルコストではマット型センサーより安価に運用いただくことが可能です。
また、自然故障・不具合に関して追加費用なしでメンテナンス対応を行う保守契約もご用意。
突発的な出費が発生することなく、安心してお使いいただけます。

お見積り・資料請求・お問合せはこちらから

離床センサー:見守りライフの構成イメージ

離床センサー:見守りライフの構成イメージ

離床センサー:見守りライフの保守体制

ご利用状況に応じた保守サービスを提供しております。
詳しくは下記お問合せ先にご連絡ください。

お問合せ

離床センサー:見守りライフについてのご質問やご要望、お見積依頼など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

06-6225-2213

メールで問い合わせる

担当:山下(やました)

メインメニュー|日本システム開発株式会社

Copyright

ページトップへ