50周年アニーバーサリー
さあ行こう、次のステージへ

50年の感謝と、次の50年への一歩

システムギア株式会社は2021年4月に創業50年目という節目の年を迎えました。50年の長きにわたり、当社を信頼してくださったお客様をはじめ、激動の時代を共に駆け抜けた、すべてのステークホルダーに心より感謝申し上げます。

1972年の創業以来、ハードウェア製品の開発を中心に、様々な分野の経済活動を支える一端を担ってきました。この50年の日本の技術革新はめざましく、当社の事業もハードからソフトを含めたトータルシステムへと発展し、今後はグローバル市場への展開も視野に、常に新たな価値の創造に挑み続けます。

システムギアは100年に向けて、次の一歩を踏み出します。
SystemGearグループ代表岸上新弥

SystemGearグループ代表 岸上新弥

記念ポスターアートワーク

50周年のわくわくを詰め込んだポスターシリーズ。
システムギアの遊び心に満ちたアートワークです。

50年のあゆみ

  • 創業者 岸上 新治 により日本システム開発株式会社創業

    1972.4

    日本システム開発株式会社 創業

    創業者 岸上 新治 により、ミニコンピューターを中心としたシステムプロダクトの開発とソフトウェアの輸入販売を目的として、大阪府大阪市に資本金500万円にて設立。

  • 国産初のマイクロコンピューター「PDC-8」

    1973

    日本初のマイクロコンピューター

    国産初のマイクロコンピューター「PDC-8」を、東京工業大学様向けに開発・稼動開始。
    以来、産業用に特化した制御機器メーカーを目指し、工場の自動化、省力化システムを展開していく。

  • 気象予報システム「アメダス」のデータ収集装置を開発

    1975

    「アメダス」データ収集装置の開発

    気象庁様向け「無人気象観測局(アメダス)」のコントロールシステムを開発。

  • メルビル交換留学支援記念式典

    1986

    メルビル交換留学支援

    宝塚市の中学生とオーストラリア・メルビル市の学生との交換留学の支援を開始。
    地場企業としての地域の発展を願い、30年で日本人503人、オーストラリア人461人、計964人の中学生を国際交流の場へ送り出している。

  • モーター式磁気カードリーダー・ライター「PDC-624」を開発

    1994

    モーター式磁気カードリーダー・ライター
    「PDC-624」を開発

    一貫した磁気システムの提供をテーマにモーター式磁気カードリーダー・ライター「PDC-624」を開発。カード詰まり排出機構を標準装備しPOSシステム、会員管理システムに活躍。

  • 小切手・手形発行機「PDC-565」

    2001

    小切手・手形発行機「PDC-565」を開発

    小切手・手形の高速発行機「PDC-565」を開発。発行業務の合理化と省力化を実現し、金融機関から注目を浴びる。

  • 自動精算機「ADC-5000シリーズ」

    2005

    自動精算機「ADC-5000シリーズ」を開発

    自動車教習所、ホテル、ゴルフ場、フィットネス向け自動精算機「ADC-5000シリーズ」を開発。後にシステムギアの自動精算機・KIOSK端末として多数のシリーズを送り出し、フラッグシップへと成長していく。

  • 運輸・物流市場での事業拡大

    2006

    運輸・物流市場への参入

    運輸・物流市場での事業拡大を目的に、運送業向けソフト「一番星」で業界TOPの(株)ソフテック(名古屋)の全株式を取得。

  • ASEANを中心としたグローバル展開へ

    2008 / 2014

    ASEANを中心としたグローバル展開へ

    2008年、グローバルな技術人材確保とASEAN進出を目的として、ベトナム(ホーチミン市)にSystemGear Vietnam Co.,Ltd.を設立。
    2014年には、ミャンマーでの自社製品販売とサポートサービス並びに、日本製品の輸入・販売を目的として、ミャンマー(ヤンゴン市)にSystemGear Myanmar Co.,Ltd.を設立。

  • ハードとソフトの両輪へ、トータルシステム企業への転換

    2011 / 2015

    ハードとソフトの両輪へ 
    トータルシステム企業への転換

    2011年、独立系ソフトウェア開発・派遣企業の中央情報システム(株)と資本・業務提携契約を締結。
    2015年、全事業でのソリューション対応力拡大を目的に、中央情報システム(株)の約57%の株式を取得。

  • 事業拡大に伴うホールディングス化

    2016

    ホールディングス化で経営力の強化へ

    グループの人材・設備・資金・情報の有効活用を目的として、完全親会社(株)システムギアホールディングスを設立。

  • さらなる高みを目指して、新生システムギアが誕生

    2019

    さらなる高みを目指して
    新生システムギア誕生

    日本システム開発株式会社を存続会社とし、株式会社システムギアホールディングス、中央情報システム株式会社、および 株式会社システムギアソフテックのグループ4社を合併。存続会社の商号を「システムギア株式会社」へ変更。
    同年、ミカサ商事株式会社、NTW Inc.(株)と業務提携契約締結。