製品情報:PDC-310 データ収集パック

PDC-310 データ収集パック

データ収集パックがリニューアル!
お手持ちのICカードでシンプルに打刻データを収集するだけでなく 
「出勤」「退勤」など受付区分を設定して勤怠管理端末としても利用可能

勤怠、出席管理から研修の出席データ収集までおまかせ!

Windows10 IoT搭載のIC, 磁気カード対応マルチリーダー端末(PDC-310)に、カードデータ収集ソフトウェアを搭載した製品です。カード情報と打刻時間をシンプルに収集し、学生証や社員証での入退室管理や勤怠管理端末としても活用できます。また社内研修、学会、講習会、セミナーなどの出席管理としてもご利用いただけます。収集データはCSVで出力することが可能です。

カタログダウンロード

マニュアルダウンロード

FAQ

ソフトウェアダウンロード

オンライン販売

データ収集パックの特長

タイムカードは必要なし!様々なカードで打刻収集が可能

既存のIC社員証や職員証(FeliCa,MIFARE,I-CODE)で打刻できるので、勤怠用のタイムカードは必要なし!そのほか、交通系ICカード(Suica・ICOCA・PASMO・PiTaPa)、磁気カード(オプション)まで幅広く対応しています。

※ICカードの固有ID番号(UID、IDm)を読み取った運用が可能です。
※ICカード内の情報を読み取った運用が可能です。
オプションで磁気カードも対応

壁掛け運用、モバイル運用で出席データを収集

受付端末は壁掛け運用だけでなく、専用充電池でのモバイル運用にも対応しています。授業や講義ごとに持ち運び、卓上設置にて出席受付が行えます。従来のLAN(PoE)配線での運用に加え、新たに無線LAN (Wi-Fi) を搭載。モバイル運用がさらに快適になりました。
※専用充電池はオプションです

壁掛け固定運用:出席管理システム(打刻収集ツール)

壁掛け固定運用

管理パソコンにて登録された開講スケジュールより自動的に講義情報を受付端末に表示。出席・遅刻・早退などの判定も登録スケジュールにて自動判定し、個人ID情報、打刻時間、講義情報、出席区分を収集します。

モバイル運用:出席管理システム(打刻収集ツール)

モバイル運用

教員カードを読み取ることで、教務システムとのデータ連携により登録された講義情報を受付端末に表示。(教員の担当する講義情報のみを表示します) 開講する講義、出席・遅刻などの区分を選択し、受付を開始します。 学生証を読ませることで、個人ID情報、打刻時間、設定した講義情報と出席区分を収集します。

カラー液晶タッチパネルで間違いない打刻、設定変更に対応

端末の状況や読み取り結果をわかりやすくカラー液晶に表示するので、打刻ミスを未然に防止します。事前設定でユーザーマスターの取込みを行えば、カード情報にあわせた氏名表示にも対応。

データ収集パックはこのようなお客様に最適です

手作業でのタイムカード集計にうんざりしている

タイムレコーダーを昔から使っているが、アルバイトやパート、派遣などの異なる勤務体系の人もいるので、目視での集計ではミスが無くなることがなく、毎月ヒヤヒヤしているのが悩みの種。

給与システムに勤怠データを取り込みたい

タイムカードの出退勤時間を基に給与システムへ入力しているが、入力ミスが心配で時間がかかってしまう。勤怠端末の打刻情報をCSVデータで取り込んで作業を効率化したい。

セミナーや講習会、社内研修の受講記録をデータ活用したい

職員証や学生証を利用し、研修の受講記録を残し、データを活用して成績や人事評価、キャリアプランなどに活用したい。

新型コロナ対策としてモバイルの端末を備えたい

新型コロナ対策で、学内の入退室管理を徹底する必要がある。また、講義会場や勤務場所が変更になった際も対応できるよう、モバイルでも使える端末を準備しておきたい。
※オプションの専用充電池を使えば、電源の無い場所でも勤怠管理が行えます。

データ収集パックの機能詳細

IDカードデータの読取り

IDカードデータの読取り:(PDC-310)

お手持ちの社員証や会員証、学生証を読み取り、カード情報、日付、時刻、端末IDを収集します。

例)ID+生年月日+部署コード+メールアドレスが記録されたIDカードデータから、「ID」と「部署コード」など最大10か所切り出す(取り出す)ことができます。

「データ収集パック」がさらに便利になって登場!
ICカード情報と時刻をシンプルに打刻するこれまでの機能に加え、勤怠端末としての機能がバージョンアップ!「出勤」「退勤」「外出」「戻り」など受付区分を4つまで設定できるようになり、それぞれの受付区分にデータを紐づけできるので、勤怠端末や入退室管理、備蓄品の貸出など利用用途が拡大しています。

収集データの取出(CSVデータ出力)

収集データの取り出し:PDC-310 データ収集パック

CSV形式のデータとして、USBメモリーやネットワーク経由で管理PCへ出力します。データをCSV形式で出力する際に、項目(端末番号、打刻日時 、氏名、受付区分など)を入れ替えることもできるので、給与システムや教務システムなどご利用中の任意のフォーマットに加工が可能です。

データ収集パックの運用イメージ

端末側の受付画面イメージ

受付画面は「ボタンなし」「2つボタン」「4つボタン」の3パターンから選べます

PDC-310データ収集パック:カード情報と時刻を打刻
PDC-310データ収集パック:カード情報と時刻を打刻
PDC-310データ収集パック:カード情報と時刻を打刻

マスター情報の反映や、収集データの書き出しは、USBメモリー、ネットワーク経由でも行えます。

PDC-310データ収集パック:カード情報と時刻を打刻
PDC-310データ収集パック:カード情報と時刻を打刻
PDC-310データ収集パック:カード情報と時刻を打刻

PC側の管理画面イメージ

端末に表示される氏名や受付区分などを変更できます。マスター登録やCSVへの書き出しも行います。

設定画面1

PC側の管理画面1
読取るカードの種類やパスワードを設定します

設定画面2

PC側の管理画面2
端末に表示する受付区分や文言を変更できます

保守体制について

個別契約でのセンドバック保守、スポット修理体制をご用意しています。
詳しくはお問合せください。

お問合せ

この製品についてのご質問やご要望、お見積依頼など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

0797-74-0621

メールで問い合わせる

担当:三科(みしな)

メインメニュー|システムギア

ページトップへ