大学向けソリューション:証明書自動発行システム

証明書自動発行システム

業界最小クラスのコンパクトボディで各種証明書を即時発行。
省力化・効率化を実現する多彩な機能で、学生課・学校事務の業務を強力に
サポートする証明書自動発行システムです。

証明書自動発行システムについて

学生課・学校事務の証明書発行にかかる複雑な業務を証明書自動発行機の利用により、申し込みから料金徴収、証明書発行までの処理を自動化し、労力・資源の大幅削減を実現します。
証明書発行業務を自動化することで、窓口での待ち時間の大幅な短縮と、学生サービスへの注力が可能となり、トータルサービスの向上につなげます。

このような方におすすめします

発行機の状況を離れたところからでもリアルタイムに把握したい

機械は苦手なので、簡単に使いこなせないと困る

個人情報保護に関する取り組み強化が必要だと感じる

設備導入によるイニシャルコスト・ランニングコスト、両方こだわりたい

出来ることなら、履修相談は時間を気にせずじっくり相談にのりたい

証明書自動発行システム 導入のメリット

  • 学生を待たせないスピーディな証明書発行業務を実現
    証明書を即時発行することができますので学生を待たせることがありません。また、窓口の受付時間に 依存しない証明書発行や手数料の徴収で、柔軟な学生サービスの提供に貢献します。 管理者発行機能で教務課内に設置したプリンターにまとめて一括で証明書を発行することもできますので、混雑の予想される年度初めや新入生、卒業生への証明書発行が効率的に行えます。
  • 金銭トラブルを未然に防止
    証明書自動発行機で証明書発行手数料等の現金管理を行ないます。偽造紙幣の使用を完全防御する、安心の真偽判定機能を搭載した信頼の現金管理能力で、金銭の受渡しミス等のトラブルを無くします。
  • セキュリティに配慮した取り忘れ防止・取り込み機能で情報漏えいを防止
    証明書発行後の取り忘れを防止するアラートや一定時間経過後の自動取り込み機能により、他者による受取りを防止します。 また、モニターには操作者以外が覗き見ることが出来ないプライバシーモニターの加工が施されています。
  • 証紙券売機の統括による設備費用の低コスト化を実現
    各種手数料の受領のために利用されている証紙券売機の運用を証明書自動発行機1台にまとめることにより、ランニングコストを含めた設備費用の低減を実現します。
  • 申請書発行機能の利用で特別講義や講座の申し込み業務も利用可能
    申請書発行機能の利用で特別講義や講座などの参加申し込み受付が可能です。 受付期間や定員数での制限、有償の講義など料金徴収管理も可能です。

証明書自動発行システムの機能

証明書の種類 学割証、在学証明書、成績証明書、履修証明書、受験許可書、卒業証明書、卒業見込み証明書など各種証明書の発行が可能です。 学割証、在学証明書、成績証明書、履修証明書、受験許可書、卒業証明書、卒業見込み証明書など各種証明書の発行が可能です。
操作補助機能 操作手順をわかり易く伝えるタッチパネル画面、音声ガイダンス、操作指示ランプにより、初めての方でも迷わない操作性を実現しています。 また、車椅子の方でも画面表示が見易く、発行するための操作が簡単にできる筐体設計になっています。
ICカード、磁気カード対応 学生証(IC・磁気)に書き込まれている学生情報を読み取ります。学籍番号を手入力することなく素早く操作いただけます。
プライバシーフィルター
(のぞき見防止画面)
画面に表示される情報を操作者以外が覗き見ることが出来ないよう、プライバシーフィルターによる画面加工(のぞき見防止画面)が施されています。
取り忘れ防止・取り込み機能 証明書や領収書の取り忘れ時には音声やランプでお知らせします。さらに、発行から一定時間経過すると自動で書類を発行機内に取り込み、他者による証明書受け取りを防止します。
高額紙幣対応 1万円、5千円札の利用に対応していますので、窓口での両替業務も必要ありません。
料金徴収機能 証明書発行以外に、セミナーなどの受講料や施設利用料などの料金受領機としても活躍します。 教科実習料、就職セミナー受講料、科目等履修料、諸資格取得履修料、 厚生施設利用料、図書館間相互貸借(ILL)料、スポーツ活動の観戦チケット料など
変動手数料徴収機能 学生証(学籍番号)との紐付けで、学生毎に異なる手数料の取扱にも対応。券売機での証紙発行による料金徴収機能を統括することが可能です。
コピー牽制地紋柄印刷 (不正コピー防止印刷) 各種証明書の不正コピーを防止するため、白紙A4用紙に地紋柄を印刷することができます。
省エネモード 証明書発行機が使われていない時は、省エネモードに切り替わり消費電力を抑えます。
管理PC発行機能 管理パソコンからの証明書発行機能です。証明書発行業務に必要な、一括発行、予約発行、再発行、テスト発行が行なえます。
ニアエンド機能 証明書の用紙が切れる前に、管理パソコンへ事前通知をします。
スケジュール運転機能 発行機単位で動作する時間をカレンダーでスケジュール管理することが可能です。時間を気にして機器ごとに一台一台電源を付けたり消して回る必要がありません。
発行機状態監視機能 機器のエラーや異常をすばやく検知し確認画面でまとめて確認したり、メールで通知を行うことが可能です。そのため学内の複数の箇所に設置を行ってもわざわざ見回る必要がありません。

構成イメージ

大学向け証明書自動発行システム 構成イメージ
大学向け証明書自動発行システム 構成イメージ

料金徴収が不要の場合は、簡易証明書自動発行機(ADC-3100)を利用した証明書自動発行システムの構築も可能です。

納入実績

証明書自動発行機(ADC-3000)を利用した、証明書自動発行システム

納入実績:大阪大学様ロゴ

大阪大学 様

大阪大学様のキャンパスに、合計8台の証明書自動発行機を導入いただきました。
それぞれのキャンパスで各種証明書や学割証の発行にご利用いただいております。

吹田キャンパス 4台 豊中キャンパス 3台 箕面キャンパス 1台

証明書自動発行機 納入実績:大阪大学 様

簡易証明書自動発行機(ADC-3100)を利用した、証明書自動発行システム

納入実績:東京大学様ロゴ

東京大学 様

東京大学様の全キャンパスに、
合計18台を導入いただきました。
それぞれのキャンパスで各種証明書(成績証明書、卒業証明書、在籍証明書等)や、学割証の発行等にご利用いただいております。

本郷キャンパス 13台 駒場キャンパス 3台
柏キャンパス 1台 弥生キャンパス 1台

東京大学様のように、料金徴収の必要がない場合、簡易証明書自動発行機(ADC-3100)での、証明書自動発行システムの構築も可能です。

東京大学様の証明書自動発行機

保守体制

ハードウェアメーカーとして40年以上にわたり、「製品開発力」「品質」を強みとした日本システム開発は保守体制も万全です。
年間保守契約はオンサイト保守、リモート保守、定期点検、システムの運用サポートなどをご用意しており、導入後の支援体制を益々充実させるべく体制強化を行っております。

オンサイト保守について詳しく

お問合せ

本ソリューションについてのご質問やご要望、お見積依頼など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

東日本

03-6858-2535

メールで問い合わせる

担当:田中(たなか)


西日本

06-6225-2213

メールで問い合わせる

担当:扇(おうぎ)

メインメニュー|日本システム開発株式会社

Copyright

ページトップへ