システムギア代表よりお客様へのご挨拶

TOP MESSAGE

ニッチなマーケットで
業界トップを走り続ける
100年企業をめざして

SystemGearグループ代表 岸上 新弥

「コンピューターで世の中を豊かにしたい!」
1972年、創業者である故岸上新治はこの想いを胸に日本システム開発株式会社を起業。
翌年、自社開発した日本初のマイクロコンピューター「PDC-8」が動き始め、日本のマイコンの歴史が始まりました。その後、マイコンベンチャーからシステム機器開発メーカーへと成長した当社は、多様化し、身近になったコンピューターをより多くのお客様に役立てるため2000年、「SystemGear」をグループ共通ブランドとして、アプリケーション開発・保守サポート・海外展開の強化を図りました。
このたび、国内グループの主要4社を合併し、300名以上の力を集結。
これからは「システムギア株式会社」として、取引先企業様との連携強化や業種特化企業様との業務提携を積極的に行います。
また、システム機器だけでなく、ソフトウェア製品やソリューション、サービスにおいても、我々の創意工夫で利益と価値を生み出すメーカーとなり、これからもニッチマーケットでのシェア№1製品とサービスを提供して参ります。
グループ全社が永続的に発展し続け、世界中で一人でも多くの従業員を雇用すること、またSystemGearグループに関わるすべての人々が物心共に幸福であること、明るく豊かな社会に向けて貢献することこそが、私のライフワークであり、人生の目標です。
一度しかない人生なのだから・・・。

SystemGearグループ代表
岸上 新弥


SystemGearロゴ

SystemGearグループ理念

  • 我々SystemGearグループは、SystemGearブランドのもとに力を集結し、
    グループの規模拡大と持続的成長を図るとともに、それぞれの事業を通じて社会に貢献する。
  • お客さま、社員とその家族、株主などすべてのステークホルダーから評価いただけるよう、
    常に企業価値の向上を目指す。
  • すべての社員が、経済的な豊かさを求めていくと同時に、仕事の場での自己実現を通じて
    生きがいや働きがいといった人間としての心の豊かさを追求する。

SystemGearグループ行動指針

『4現主義(現場・現物・現状・現実)』
我々は、誇りと品格を持って、常にお客様の視点に立ち、4現主義のもとに行動し、
あらゆる既成概念にとらわれることなく、独自の視点で時代を切り拓きます。

メインメニュー|システムギア

ページトップへ