導入事例:医療機関向けソリューション:PDC-310 データ収集パックの導入事例

導入事例:西広島リハビリテーション病院様

PDC-310 データ収集パック導入事例

西広島リハビリテーション病院

導入事例:西広島リハビリテーション病院様

西広島リハビリテーション病院様は、1986年に「信じ合い、明日を拓(ひら)く」という理念のもと、当時ではまだ珍しかった「都市型のリハビリテーション病院」として開院しました。 現在3病棟139床の全てが回復期リハビリテーション病床となっており、365日入院リハビリテーションが行える体制をとっている全国でも数少ないリハビリテーション専門病院です。

今回は、2013年から導入いただいている、「PDC-300シリーズ データ収集パック」の効果と、2021年新しく導入いただいた、「PDC-310 データ収集パック」の活用方法について伺いました。

西広島リハビリテーション病院

医療法人社団朋和会
西広島リハビリテーション病院

所在地:広島市佐伯区三宅6-265
http://www.welnet.jp

今回導入いただいたシステム

Windows10 IoT搭載
IC, 磁気カード対応マルチリーダー端末 PDC-310

Windows10 IoT搭載
IC, 磁気カード対応マルチリーダー端末 PDC-310

フルモデルチェンジで機能性アップ!1台でICカード、磁気カード(オプション)の読取りに対応したマルチリーダーがカメラ搭載で用途拡大、さらに便利に!

製品ページ お問合せ

PDC-310データ収集パック

データ収集パック

PDC-310にカード情報と打刻時間をシンプルに収集するアプリを搭載した便利なパック。社内研修、学会、講習会、セミナーなどの出席受付端末や、勤怠管理端末としてご活用いただけます。

製品ページ お問合せ

導入のきっかけ

誰でも使える手軽さが決め手!
研修会の運用がとても楽になりました

― 導入のきっかけは?

合同症例検討会の様子

合同症例検討会

当院では、2000年代に「365日リハビリ体制」を導入したことを機に、多職種の職員が一気に増えたことから、守るべき根底の理念やリスク対応の基本を共有するため、職員研修制度の見直しを行ってきました。

院内では毎日どこかで研修が行われているのですが、以前は研修の受講確認を紙の名簿で行っていたので、法定研修の未受講者の把握も全て手作業で行っていました。職員が出席時に名簿の名前を探して丸印をつけるので、当時は入口にいつも行列ができていました。

PDC-300を導入する前に一時、市販のICカードとデータベースソフトを活用して病院独自で研修管理を行っていましたが、ノートパソコンとカードリーダーのセッティングや事前の研修登録があったので、研修の度に事務職員が付き添って準備していました。

その後、ワイエムコンサルティング株式会社さんの人事給与システムを導入することになり、研修管理について相談したところ、システムギアさんのデータ収集パックを紹介してもらいました。

2013年にデータ収集パック(PDC-300)を2台購入したのですが、研修を担当する職員が予約した端末を会場に持っていき、電源をつけるだけなので事前の準備が全く必要なく運用がとても楽になりました。

導入後の効果について

人事評価やキャリアプランにデータを有効活用

― データ収集パックを利用されてどのような効果がありましたか?

受講確認が素早く行えるので、法定研修では研修開催期間中に随時、未受講者を割り出して所属長へ連絡できるようになりました。端末から取り込んだデータは人事管理システムに蓄積されるので、個人別の参加状況を出せるようになり、人事考課等でも活用しています。

外部調査等の際に、当院の研修参加リストと運用方法について説明すると「他の病院もこれにすれば良いのに!」と言われることがあります。それだけ まだ紙で運用している医療機関も多いのかもしれませんね。

PDC-310データ収集パック:カードをかざすだけで参加者のデータを打刻

カードをかざしてデータを打刻


PDC-310データ収集パック:研修会場へ持ち運んで簡単運用

会場へ持運べる簡単運用

新しいデータ収集パックの活用

新型コロナウイルス対策に
非常時に持ち運べる勤怠端末として利用

― 2021年に追加導入していただいた、「PDC-310 データ収集パック」はどのように活用予定ですか?

もともと当院では研修管理端末として、データ収集パック(PDC-300)を2台で運用していましたが、業務で使用するアルコールハンドジェルを職員へ個人配布する際に、データ収集パックが使用量調査にも活用できると考え、1台を払い出し管理端末として使用することにし、追加で新型の「PDC-310 データ収集パック」を購入しました。
新しいデータ収集パックは、従来の研修出席データ収集に加えて、勤怠管理端末としても活用できるそうなので、非常時に「持ち運びできる勤怠管理端末」として活用する予定です。

 

当院では、施設内に勤怠管理のレコーダーが5台ありますが、全て壁付けで設置しています。新型コロナウイルス感染症が流行する中、当院でも発生した場合に備えて、病棟閉鎖時のシミュレーションを行ったのですが、職員の出勤ルートや更衣スペースを確保する際、「持ち運びできる勤怠管理端末」があるのは非常に便利だと思います。バッテリー駆動なので、電気点検で一斉停電する時も活用できますね。

西広島リハビリテーション病院様の研修への取り組みが、公益財団法人日本医療機能評価機構発行の事例集に掲載されています。こちらもぜひご参照下さい。

メディア掲載情報

医療法人社団朋和会 西広島リハビリテーション病院様に導入いただいたPDC-300シリーズ データ収集パックが公益財団法人 日本医療機能評価機構様発行の事例集(Improve Vol.22)に掲載されました。
研修受講記録をIT化、収集データを利用し、昇進検討や目標設定などご活用いただいている事例が掲載されています。
詳細内容は日本医療機能評価機構様のWEBサイトからご覧いただけます。

公益財団法人 日本医療機能評価機構様 公式サイト
(※HOME > 病院機能評価事業 > ツール > Improve)


「データ収集パック」がさらに便利になって登場!

ICカード情報と時刻をシンプルに打刻するこれまでの機能に加え、勤怠端末としての機能がバージョンアップ!
「出勤」「退勤」「外出」「戻り」など受付区分を4つまで設定できるようになり、利用用途が拡大しています。

PDC-310データ収集パック:カード情報と時刻を打刻
PDC-310データ収集パック:勤怠端末画面1
PDC-310データ収集パック:勤怠端末画面2

お問合せ

本ソリューションについてのご質問やご要望、お見積依頼など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

06-6910-4660

メールで問い合わせる

担当:面川(おもかわ)

メインメニュー|システムギア

ページトップへ