医療ソリューション:出席管理システム

出席管理システム

持ち運びできるPDC-300RXを利用した、会議や講習会の出席管理が行えるシステムです。
既存の職員証や診察券(磁気カード・ICカード)などを読み取るだけで、
どこでも手軽に出席データを収集できます。

出席管理システムについて

既存の職員証や診察券(磁気カード・ICカード)などを読み取るだけで、簡単に出席データを収集できる出席管理システムです。
片手で持ち運べる小型軽量ボディだから、モバイル運用に最適。
どこへでも手軽に持ち運びができ、設置場所も選びません。
様々な場所で行われる研修会や委員会、カンファレンス、会議、講習会、勉強会などの出席管理にご活用ください。

出席管理システムは、ご利用目的や運用形態に応じて、2つの製品タイプをご用意。
必要な機能・用途にぴったりな製品をご提案いたします。

PDC-300RX:出席管理システム
磁気カード・ICカードに対応
PDC-300RX
  • USB
  • LAN
  • 磁気
  • IC/RFID
  • メモリーカードスロット

こんなお客様に「出席管理システム」をおすすめします

院内で行われる様々な委員会や会議・プロジェクトや講習会…
毎回の出欠管理をもっと手軽に管理、効率化したい。

院内・施設内では医療安全や感染症対策といった法定の会議や、診療部会等々の各種部会・委員会・プロジェクト会議など、さまざまな会議や集会が日々開催されています。
また、全職員を対処とした会議などでは出席の確認だけで相当な労力と時間を必要としています。
「出席管理システム」は受講者が専用端末に職員証などのカードを読み取らせるだけ。
専用機ならではのシンプルな操作性で、未受講者の把握や出席者人数集計などを正確かつ、スピーディに行えます。

出席管理システム導入のメリット

ICカードでも磁気カードでもOK!職員証による出席者データの取得

出席管理システムは既存の職員証などを利用することで、簡単に出席管理が行えます。
現在お使いのICカードや磁気カードの職員証はもちろん、交通系ICカードや、ショッピング系ICカード、スマートフォンのおサイフケータイ機能でも利用が可能です。
磁気ストライプの入った診察券をお使いでしたら診察券を活用することも可能です。新たなIDカードを作成せずに済み、コストをかけずに導入・運用することができます。
イメージ画像

カードを読み取るだけの簡単運用

使い方は職員証などのカードを端末で読み取るだけ。
受付名簿から名前を探し、チェックをする従来の方法に比べ、正確かつスピーディに出席の確認が行えます。また手書き集計の場合、報告書作成や未受講者の確認にも手間と時間がかかりますが、専用の受付端末なら職員証の読み取りだけでデータを蓄積。現場での運用も、管理部門での情報活用も大変スムーズに行え、大幅な効率UPになります。

持ち運び可能で会場設営時間も短縮

専用端末は小型のモバイル端末。どこへでも持ち運びが可能で、設置場所も選びません。電源は本体附属ACアダプター、又は専用充電池(オプション品)で稼動。電源のない場所でも使用可能です。
イメージ画像

収集データの有効活用

端末に蓄積されるデータはcsv形式なので、パソコンに取り込んだ後はそのままExcel等で二次利用が簡単に行えます。
イメージ画像

「データ収集パック」 設定不要&電源オンですぐに使えるシンプルタイプ

ソフトウェアのインストール、初期設定が完了したものをお届けしますので、電源オンですぐにご利用を開始いただけます。お手持ちの磁気カードやICカード・おサイフケータイを読み取れば、カード情報や打刻日時データを収集。収集したデータは、USBメモリやSDカードで簡単にCSV形式にて取り出せます。

データ収集パックの運用イメージ (クリックで拡大します)

出席管理システムの利用イメージ

収集データの取出(CSVデータ出力)

収集データの取り出し:データ収集パック(PDC-300RXシリーズ)

USBケーブル接続、または、外部メモリ(USBメモリ、SDカード)を使用してのデータ取出に対応しています。CSV形式ですので、Excelによる編集や取込フォーマットと合わせることで、ご利用中のシステムとのデータ連携も可能となります。

データ収集パックの導入事例

データ収集パックを利用した出席管理システムを導入いただきました
データ収集パックを利用した出席管理システム

「ネットワーク対応タイプ(開発中)」 複数会議の同時出席管理も1台でOK!

複数会場の受付も同時に1台で受付

複数の会場で行われている別会議でも共通の通路などに端末を置くことで出席管理は専用端末1台でOK。受付時にどの会議に出席するかを選択し、カードをかざせばどの会議に誰が出席したかをしっかり蓄積します。

1台の受付専用端末(PDC-300RX)で複数の会議や講習会などの出席管理が行えます。

管理パソコンで端末やカード読取、会議情報、職員情報などの設定ができ、データ収集も管理パソコンからの操作で行えます。
同じ管理パソコンで複数端末の制御も可能です。

イメージ画像

「ネットワーク対応タイプ」の運用イメージ (クリックで拡大します)

出席管理システムの利用イメージ

収集データの取出について

収集データの取り出し:データ収集パック(PDC-300RXシリーズ)

ネットワーク(LAN)やUSBケーブルを利用したデータ収集が可能です。データ収集パック同様に、データはCSV形式で書き出されますので、Excelによる編集や取込フォーマットと合わせることで、ご利用中のシステムとのデータ連携も可能となります。

保守体制

保守契約によるセンドバック保守にて対応いたします。詳しくはお問合せください。

お問合せ

本ソリューションについてのご質問やご要望、お見積依頼など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

06-6910-4660

メールで問い合わせる

担当:山下(やました)

メインメニュー|システムギア

ページトップへ