(防爆)防爆エリア原材料照合システム

防爆エリア原材料照合システム

香料製造や塗料製造など、危険物を扱う現場に最適な原材料照合システム

私たち日本システム開発では、防爆エリアや低温・高温・多湿、粉塵の多い環境など、劣悪な条件下でも使用可能なヘビーデューティー製品のシステム提案及び開発を行っています。
防爆エリアで導入するシステムには専門的な知識と高度な技術が必要です。
お客様ごとに異なる作業環境に必要な製品の種類・仕様等の調査を入念に行い、 時には専用機器の製造開発も視野に入れ、ご提案しています。

受託開発・受託製造ソリューション

防爆エリア原材料照合システムについて

香料製造や塗料製造など、危険物を調合し攪拌する工場では原材料の誤投入による材料ロスの問題や、静電気などの引火事故に対する安全対策など、一般的な工場にはない課題があります。

昔ながらの手作業で製造を行っている現場もまだまだ多い中、
食品テロ等の懸念やモノに対する消費者の関心が高まっている今、あらゆる工程を電子データ化し、管理・保存を行い、トレーサビリティの取り組みを行うことが主流となりつつあります。
このような課題に対して、防爆エリアであることを考慮したシステムをお客様の環境に合わせて、ムダのない最適な構成でご提案いたします。

防爆エリア原材料照合システムの概要

防爆PCや防爆バーコードリーダー、防爆ハンディターミナルを活用し、配合時の配合忘れ・原料間違い・配合順間違い等、さまざまな作業ミスを防ぎます。
危険エリアでもPCの画面表示で作業進捗が確認でき、履歴の確認やトレーサビリティにも威力を発揮するシステムです。

防爆エリア原材料照合システムの特徴とメリット

原材料の誤投入を防ぎます

製造現場で調合作業を行う際、製造指図書と原材料バーコードを直接読み込んでミスマッチを防ぎます。

現場の状況をリアルタイムに把握できます

現場作業の仕掛状況や、機械の使用状況を即時ホスト側にデータを送ることができます。
離れた場所にいてもリアルタイムに現場の状況を把握できます。

データ変更やキャンセル情報をリアルタイムに更新

指示データの変更やキャンセルがあった場合、口頭や電話連絡ではなく、現場へ直接データとして知らせることが出来るため、聞き違いやうっかり忘れなどのヒューマンエラーの防止に繋がります。

作業効率が大きくアップ

防爆エリアに対応した機器のため、規制条件や成分チェックなどが現場で安心して行えます。人やモノの移動や無駄な作業が減り、ミス防止や作業効率アップに繋がります。

運用イメージ

香料工場などに最適な運用イメージ1
入荷予定リストと入荷した原材料のバーコードを照合して入荷検品

香料工場などに最適な運用イメージ2
棚番地をハンディターミナルに表示。素早く、ミスなくピッキング作業を行うことができます。

香料工場などに最適な運用イメージ3
誰がいつ、どの機械を使用して作業を行ったかの履歴を残すことができます。

香料工場などに最適な運用イメージ4
製品を保管する際も、どこに保管するべきかを直接ハンディターミナルに表示。紙面での確認よりも効率よく、うっかりミスを防ぎます。

香料工場などに最適な運用イメージ5
出荷予定リストを取り込んだハンディターミナルで納品物と照合作業。送り状とも照合を行い、出荷ミスを防ぎます。

お問合せ

本ソリューションについてのご質問やご要望、お見積依頼など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

0797-74-2201

メールで問い合わせる

担当:菊地(きくち)

メインメニュー|日本システム開発株式会社

Copyright

ページトップへ