防爆機器:防爆磁気カードリーダー

防爆磁気カードリーダー

TIIS 国内防爆検定合格製品(Zone1)
爆発危険場所でのカード読取りに

過酷で危険な作業環境を想定して設計された、防爆仕様の磁気カードリーダー

爆発や火災が起こり得る防爆エリア・危険エリアでの運⽤に最適な、防爆磁気カードリーダーです。リーダー部は本質安全防爆構造、制御部は耐圧防爆構造となっています。防爆エリアでJIS規格の磁気ストライプ付きカードを読取り、そのデータをRS-232CまたはRS-422出力することが可能です。

カタログダウンロード

マニュアルダウンロード

FAQ

ソフトウェアダウンロード

オンライン販売

システムギアグループ関連サイト
【システムギアダイレクト】

防爆磁気カードリーダーの利用用途

危険エリア内での入退室管理・滞在時間管理に・・・

磁気ストライプ付きの社員証や身分証明書などを使用して、防爆エリアの入退室の記録・管理を行えます。必要に応じて、滞在時間の管理等にも利用可能です。

個人認証機器として・・・

防爆パソコンのログイン認証端末として活用すれば、ログインパスワードを覚えなくても簡単に利用できます。また、システム上で権限設定を行うことで、情報の閲覧に制限を掛け、社内情報、個人情報のセキュリティに活用できます。

プラント等の在室者の把握・管理に・・・

危険物を取り扱うプラントでは、現在どのような人が何人入場しているかを管理することは、安全管理の上でも重要な情報となります。
カードリーダーと磁気カードを活用すれば、低コストで運用でき、効率的に情報管理を行うことができます。

制御機器のオペレートキーとして・・・

危険物エリアでの制御機器の操作は、資格や技能を必要とする場合が多くあります。
安価な磁気カードを認証入力キーとし、制御機器の操作者を限定することで、より確実に現場の安全管理を行うことができます。

外形図

※画像をクリックすると拡大します

カードリーダー外形図

防爆磁気カードリーダー:リーダー外形図

制御器外形図

防爆磁気カードリーダー:制御器外形図

システム接続図

※画像をクリックすると拡大します

防爆磁気カードリーダーシステム接続図

仕様

型式 EX-CRS
防爆構造 カードリーダ:本質安全防爆 ExiaⅡ BT5
制御器:耐圧防爆 Exd[ia]Ⅱ BT5
検定合格番号 第TC15179号
寸法 カードリーダー:102 x 60 x 55 (mm)
制御器:230 x 280 x 150 (mm)
重量 カードリーダー:約500g
制御器:約7kg
タイプ リード専用
通信出力 RS-232C又はRS-422(スイッチ切替選択)(※1)
電源 AC100V
カード 9600bps 調歩同期式 / 半二重
JIS X6301 又は JIS X6302
(Ⅱ型)F2F 210bpi
ヘッド寿命 30万パス
カード走行速度 10~120cm/s
使用環境 0℃~+40℃ 20~80%RH(非結露)

(※1)RS-232CとRS-422の同時使用はできません。RS-232CのRSとCSは短絡されています。

お問合せ

この製品についてのご質問やご要望など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

06-6910-4660

メールで問い合わせる

担当:菊地(きくち)

メインメニュー|日本システム開発株式会社

Copyright

ページトップへ