点呼

点呼

運送業における安全管理の要である点呼業務をAIロボットやITの力でサポート。
確実な点呼業務で、運行管理者の負担を減らし、ドライバーの働き方改善にも役立ちます。

製品ラインナップ

ロボット点呼

点呼業務をロボットが支援

ロボット点呼ユニボ

IT点呼

アルコール測定機+管理アプリケーション

IT点呼

ロボット点呼 Tenko de unibo

ロボット点呼ユニボ

乗務前後の点呼業務の一連の流れをロボットがサポート。
運行管理者の負担を軽減し、点呼業務の質の向上と平準化を実現します。
確実な点呼業務で、事故を未然に防ぎ、安全管理の精度を向上させます。

  • 業務効率化
  • 顔認証
  • 記録簿自動作成
  • 免許証読取り
  • クラウド
  • Push通知

ロボット点呼ならこんなことが可能になります

点呼記録簿を自動で作成できるので業務効率化につながる

指示・連絡内容を「忘れず」「確実に」運転者に伝える事ができる

運行管理者の経験にたよらず平準化できる

ロボットが点呼を代行し、対面のコミュニケーションが充実する

人手が手薄な夜間でも、確実な点呼が実施できる

特長

点呼業務の一連の流れをunibo(ユニボ)が行います。

点呼業務の一連の流れをunibo(ユニボ)が行います

点呼記録簿の自動作成
ロボットが行った点呼の結果はクラウド上に保存され、Webサイトから、点呼結果の閲覧と点呼記録簿のダウンロードがいつでも可能です。

点呼記録簿の自動作成

顔写真をエビデンスとして保存
顔認証およびアルコール測定中の様子をカメラで撮影しており、点呼記録簿と同様に結果の閲覧が可能です。測定者の写真付き測定記録が残るので不正や改ざんを防止し、信頼性の高い測定結果となります。

顔写真をエビデンスとして保存

点呼結果のリアルタイム通知
点呼の異常時や点呼完了時には、運行管理者の端末(スマートフォンなど)にPush通知が届きます。


的確な指示・伝達が可能
管理者が事前登録した指示・伝達事項を、ロボットがドライバーに確実に伝えます。全ての乗務員に同じ内容を伝えることも、乗務員毎に内容を分けることも可能です。配信時期や配信回数の指定も可能です。
人手が手薄な夜間でも確実な点呼が実施でき、運行管理者の負担が軽減されます。

ドライバーへ確実な指示が出せる

IT点呼

IT点呼

管理拠点と事業拠点をリアルタイムでつなぐ、IT点呼。遠く離れた事業所とも、リアルタイムで対面式点呼が可能。
現場スタッフと顔を見ながらコミュニケーションがとれるので、体調不良や事故につながる異常を察知することができ、安全管理に役立ちます。

  • オンライン
  • クラウド
  • 不正防止
  • 記録簿自動作成
  • スマホ連動
  • 一元管理

IT点呼ならこんなことが可能になります

オンライン(テレビ電話)で、事業拠点と管理拠点間の点呼ができる

測定データ等をクラウド上で管理するWeb記録簿がつけられる

リアルタイム点呼により不正を防止

スマートフォンと連携し外出先でも点呼が可能

特長

複数の事業所を一元管理で、人員配置にゆとり
IT点呼なら、遠隔地の管理拠点の運行管理者が、ほかの事業所の点呼を行うことが可能です。複数の事業所を一元管理できるため、人員配置にもゆとりが生まれます。

複数の事業所一元管理で、人員配置にゆとり

点呼記録簿はクラウドに自動的に記録
アルコールチェッカーなどの測定データは、自動的にクラウドにデジタルで記録されるので、業務短縮になるだけでなく、手入力によるミスがなくなり、正確なデータを残すことができます。


写真付きの測定記録で、不正・改ざんを防止
本体付属のカメラで、測定中の写真を自動で撮影します。測定者の写真付き測定記録が残るので不正や改ざんを防止し、信頼性の高い測定結果となります。

写真付きの測定記録で、不正・改ざんを防止

外出先でも容易にアルコール測定が可能
スマートフォンと連動することにより、外出先でのアルコール測定結果を管理拠点へ送信することが可能です。また、測定結果とともに測定者の写真が送信され、不正防止にもなります。

外出先でも容易にアルコール測定が可能

IT点呼とは「安全性優良事業所(Gマーク営業所)」において、国土交通大臣が定めた機器を使用して対面点呼を行うことです。

安全性優良事業所(Gマーク営業所)とは
全国貨物自動車運送適正化事業実施機関が認定している「輸送の安全の確保に関する取組みが優良であると認められる営業所」を指します。

国土交通大臣が定めた機器とは
営業所に設置したカメラにより、運行管理者が運転者の状況を随時確認でき、かつ、乗車前点呼においては、当該運転者の飲酒状況に関する測定結果を自動的に記録および保存することで、当該運行管理者が当該測定結果を確認できるものを指します。

保守体制

本ソリューションはお客様のご希望に応じて最適なサポート体制をご用意しております。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

お問合せ

本ソリューションについてのご質問やご要望、お見積依頼など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

東日本

052-205-8851

メールで問い合わせる

担当:富田(とみた)


西日本

06-7663-3076

メールで問い合わせる

担当:宮前(みやまえ)

サイド

メニューコンテンツ

お問合せ

お問合せ窓口

サポート情報

サブメニューおよび関連コンテンツ

物流系ポータルサイト「一番星倶楽部」へ
50周年特設サイト
ショールームのご案内
磁気カードの取り扱いにご注意ください!

メインメニュー|システムギア

ページトップへ