製品情報:ADC-800

簡易型センサーゲート S-gate (ADC-800)

フラッパー無し、配管・アンカー工事不要。
簡易設置で導入・運用の手軽さを実現

フラッパー(羽)の無いセンサー式ゲート

一般的なフラッパーゲートとは異なり、組み立てて置くだけで設置完了!自立タイプのゲートですので、面倒なアンカー設置や配管工事は不要です。また、故障率の高い駆動部であるフラッパーが無いため、フラッパーゲートより安価な製品単価となり、メンテナンス費用も抑えることが可能です。

カタログダウンロード

マニュアルダウンロード

FAQ

ソフトウェアダウンロード

オンライン販売

システムギアグループ関連サイト
【システムギアダイレクト】

ADC-800の特徴

不正入場をライトとスピーカーでお知らせ

LEDライトの赤点滅とエラー音の鳴動で、不正入場をお知らせ。圧迫感や威圧感を感じさせるフラッパーによるブロックではなく、ライトとスピーカーによるお知らせで不正入場を抑止します。警備員や受付の方など、人のいる空間での入場制限にご活用いただけます。

音とライトで不正入場をお知らせ:ADC-800

配管・アンカー工事不要!レイアウトも自由自在

組み立てて置くだけの自立式ゲートですので、ケーブルの引き回し等の配管工事や固定の為のアンカー工事は一切不要です。ちょっとレイアウトを変えたい!といった場合も固定してないので簡単に動かすことが可能です。
イベントや会議、コンベンションホールなど常設以外での警備や入場チェックにも活躍します。

導入コスト、イニシャルコストを削減

設置に工事を必要としない製品構造により、導入設置費を大幅にカット。さらに、故障率の高い駆動部であるフラッパーが無いため、一般的なフラッパーゲートより安価な製品単価と、導入後のメンテナンス費の低価格化を実現しています。

バーコードやICの利用が可能

バーコードカードやICカード、ICリストバンド、レシート印字のQRコード等、様々な媒体を利用した認証で入退場ゲートシステムの構築が可能です。

上位連動タイプ、スタンドアローン、どちらもご用意

利用用途、システム環境に合わせた2種類の仕様をご用意。スタンドアローン仕様は、上位(基幹システム)に依存せずゲート単体で動作できます。上位連動仕様は、接点信号などの特別なケーブルでの通信ではなく、LANケーブルでの通信を利用しているため、上位システム側のカスタマイズに特別な知識は必要なく、比較的に楽に開発が行なえます。

簡易型センサーゲート S-gate:ADC-800 紹介動画

※フィットネスクラブ向け展示会でのデモ展示を取材していただきました。

ADC-800の利用用途

企業での入退室管理

社員証・入館証で入門。システムと連動させることで、入退出のログをID+日付時刻で管理、来訪者はIDと来館名簿で付合せ。また勤怠管理システムと連動させることにより、「ゲート入場=出勤」として勤怠管理にもご利用いただけます。

S-gate (ADC-800)の用途:企業での入退室管理

図書館(公共・大学)での入退館管理

学生証または図書館利用カードにてチェックイン。施設利用システムと連携させることで利用履歴を取得し入退館の管理を行います。
「施設利用システム」についてのご提案も行なっております。詳しくはお問い合わせください。

S-gate (ADC-800)の用途:図書館(公共・大学)

公共施設・ミュージアム(美術館・博物館等)・スポーツ施設など

券売機にてQRコードを印字した利用チケットを購入。QRコードでゲートを通過しチェックイン。退場時はゲートをフリー通行とするか、入場時に読ませたチケットを再度読み込ませることでチェックアウト。

S-gate (ADC-800)の用途:公共施設・ミュージアム(美術館・博物館)・スポーツ施設

イベント会場・会議場・コンベンションホールなどの入場チェック

チケットなどに印刷されたQRコードをゲートにかざす事で、参加者や関係者以外の不正入場を抑制。スタッフがバーコードリーダーで読み取るよりも迅速に入場チェックが行えます。
来場者(入場者)の統計データも取得でき、後からデータ分析にも活用できます。
組み立てて置くだけ、設置工事が不要なADC-800は、学会や大会、シンポジウムやイベント会場などでの警備や入場チェックにも最適です。

S-gate (ADC-800)の用途:イベント会場・会議場・コンベンションホールなどの警備・入場チェック

フィットネスクラブ

会員証をゲートに読ませてて自動チェックイン・アウトを実現。会員管理システムと連動することで、会費未納や退会者のお客様にエラーをお知らせすることも可能です。

S-gate (ADC-800)の用途:フィットネスクラブ

ネットカフェ、温浴施設など

退場ゲートとして利用。精算後のレシートにQRコードを記載し発行。お客様はレシートのQRコードをゲートに読ませて退店。お客様の未精算での退店を防止します。

S-gate (ADC-800)の用途:ネットカフェ、温浴施設など

オプション

ロゴ刻印

アクリルパネル部へのロゴ刻印サービスに対応しております。企業や施設のロゴマーク、大学や専門学校の校章など、ご希望のロゴ刻印に対応いたします。

アクリルパネル部へのロゴ刻印イメージ

メール送信機能

上位システムとの連動で、ゲート通過を通知する自動メール送信機能をご利用いただけます。

外観

簡易型センサーゲートADC-800外観図

仕様

名称 S-gate
型式 ADC-800
外形寸法  ゲート単体 120(W)×480(D)×905(H)mm
標準ベース仕様 890(W)×580(D)×910(H)mm(突起含まず)
重量 60kg(ベースプレート含む)(ゲート単体20kg×2、ベースプレート20kg)
通路幅 標準自立板仕様:550mm、車椅子用自立板仕様:850mm、アンカーボルト仕様:550~850mm
ガイダンス 音:音声・アラーム音、光:LED3色(赤・緑・橙)
通過検出 赤外線センサーによる人通過検出、ガイダンス音声出力
認証方向 双方向、単方向(自由退出可、または不可)
メール送信機能 上位システム連動による自動メール通知(オプション)
電源 AC100V±10%
消費電力 24W
バーコード仕様  2次元コード QRコード:モデル1・モデル2、マイクロQRコード
バーコード UPC-A/E、EAN-13/8、CODE39、CODABAR(NW-7)、CODE128(EAN-128)
バーコード読取サイズ 30mm(縦横)以下
IC仕様 FeliCa、MIFARE、I-CODESLI

保守体制について

ハードウェアメーカーとして40年以上にわたり、「製品開発力」「品質」を強みとした日本システム開発は保守体制も万全です。
年間保守契約はオンサイト保守、リモート保守、定期点検、システムの運用サポートなどをご用意しており、導入後の支援体制を益々充実させるべく体制強化を行っております。

オンサイト保守について詳しく

お問合せ

この製品についてのご質問やご要望、お見積依頼など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

03-6858-2535

メールで問い合わせる

担当:増田(ますだ)

メインメニュー|日本システム開発株式会社

Copyright

ページトップへ