自動精算機ADC-5200 導入事例:久留米花卉園芸農業協同組合 様

導入事例:久留米花卉園芸農業協同組合 様

組合員様が物品(肥料や資材など)購入する際の受付業務を軽減・効率化するために、伝票のQRコードを読み取り、簡単に非対面で精算ができる自動精算機を導入いただきました。

自動精算機ADC-5200 導入事例:久留米花卉園芸農業協同組合 様

久留米花卉園芸農業協同組合 様

昭和30年の設立以来、地方卸売市場、久留米花市場および生産販売資材店舗として、長い歴史と実績を刻み続ける、久留米花卉園芸農業協同組合様。
「人と自然を大切にし、花と緑を通じて生産者と消費者の共生の輪を広げ、地域の発展と豊かな暮らしに貢献する」ことを経営理念とし、花と緑の文化を育てながら、魅力的な花市場と資材店舗づくりを目指しておられます。
窓口での金銭授受を減らし、お客様サービスに注力するため、自動精算機を導入していただきました。

導入事例:久留米花卉園芸農業協同組合 様

久留米花卉園芸農業協同組合
所在地:〒839-0827
福岡県久留米市山本町豊田1485-1
http://www.kurume-kaki.or.jp/

今回導入いただいたシステム

ADC-5200

自動精算機 ADC-5200

対面での金銭のやり取りを自動化する自動精算機、ADC-5200。複雑なフロント精算業務を簡素化・単純化して、お客様サービスの向上・ 人件費の削減効果を生み出します。

詳細ページ お問合せ

導入に際して

入金を自動精算機に移行することで窓口業務の軽減化を

たくさんの資材や肥料などの材料を取扱っているため、窓口での金銭授受を減らすことで窓口業務の軽減化を図り、スタッフがよりお客様サービスに注力するために自動精算機を導入いただきました。

即時精算だけでなく、掛け売りの精算もおこなっているため、一度に高額の金銭を扱うことも多く、お金の取扱いを機械で行うことで違算を無くし、窓口スタッフの方の負担を軽減。
また精算機を利用される方は、一般のお客様ではなく組合員様やパートナー様のみのため、 操作に慣れていただくことで、1回あたりの精算時間もスピードアップ、混雑解消につながるなど 双方にとってメリットの多い環境を実現しています。

毎日大量の花や資材が行き交う市場
毎日大量の花や資材が行き交う市場

導入効果

決め手は大容量の自動精算機

掛け売りのまとめ払い(精算)で一度に入金する額が多くなる場合があり、金庫容量の大きさを重要視されていました。
ADC-5200は、1万円、5千円、2千円の各金種が各約200枚、千円は約500枚格納できる点を評価いただきました。また、商品によっては端数も出るため、1円、5円にも対応しているところも大きなポイントです。

おつりは現金として受け取るか、「前入金」としてプールし次回以降利用するかの2パターンを選択することができます。「前入金」により小銭を払い出す回数を減らすことで、お客様の煩わしさを解消すると共に店舗側の小銭の管理軽減にもつながります。

自動精算機:ADC-5200
自動精算機 ADC-5200
大画面タッチパネルと、わかりやすい案内で
操作が苦手な方もらくらく精算

画面遷移イメージ

画面遷移イメージ

利用イメージ

お客様ご自身で伝票のQRコードを自動精算機に読ませることで精算スタート。
お釣り、または前入金を選択していただき領収書を発行します。

利用イメージ

お問合せ

本ソリューションについてのご質問やご要望、お見積依頼など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

03-6858-2535

メールで問い合わせる

担当:増田(ますだ)

メインメニュー|システムギア

ページトップへ