よくいただくご質問

お客さまからいただくよくあるご質問をQ&A形式でまとめました。
「このページに掲載されていない質問がある」、「もっと詳しい説明が聞きたい」 こんなときはお気軽にお問合せください。

お問合せ・資料請求


 

オフショア開発全般に関するご質問など

オフショア開発のメリットとして大きく4つあげられます。

  • コストが抑えられる
  • ノウハウを蓄積しやすく、優秀なエンジニアを確保できる
  • 仕様変更や機能追加の際に見積もり調整が不要
  • 実際の雇用よりもリスクを抑えることができる

ラボ型開発について

(1)ラボ契約の期間中は一定量の発注が必要

ラボ型開発では、一定期間人員を確保する契約形態のため、期間中はそのリソースを無駄にしないためにも、一定量の仕事を発注する必要があります。
ただし、リソースの活用方法については自由ですので、1プロジェクトが終わった後に他のプロジェクトを任せたりすることも可能です。

(2)チームビルディングのため、最初は少し時間をかけて

ラボ型開発は一括請負開発のように案件を丸投げして終わりという契約形態ではありません契約期間中は発注者にとっては自社専属チームが海外にできるイメージになります。
同じチームの一員として一緒に開発して行きますので、オフショアメンバーに業務内容を理解してもらったり、適切な体制やコミュニケーションの方法を構築したりと立上げ時には少し時間をかける必要があります。
私たちシステムギアベトナムのメンバーは、日本企業との開発実績が豊富にありますので、効率良く円滑なチームビルディングを行わせて頂きます。

システムギアベトナムのエンジニアは日本語・ベトナム語・英語に堪能な人材が多数所属しています。
会話だけでなく、ドキュメント類も日本語のままでも対応可能です。

メール、Skype、チャットを使用しコミュニケーションをとることができます。日本語ができるスタッフがプロジェクトに必ず入ります。

オフショア開発は日本システム開発のグループ企業でベトナム ホーチミン市内にある「システムギアベトナム(SystemGear Vietnum Co.,Ltd.)」で行わせて頂きます。
「システムギアベトナム(SystemGear Vietnum Co.,Ltd.)」は2008年4月に設立以来、長きに渡って日本企業向けに特化したオフショアサービスをご提供しています。

システムギアベトナムについて

3ヶ月以上継続する案件では日本語が堪能なベトナム人エンジニアが貴社に常駐し、オンサイト対応することが可能です。

「立ち上げサポート」に関するご質問

「立ち上げサポート」とはオフショア開発専任チームを円滑に立上げ、ムダ無く開発効果を高めるため、
日本人エンジニアが間に入り、日本側とベトナム側を接続(ジョイント)するサービスです。
オフショア開発の経験が初めての企業様が安心してスタートできるよう、経験豊富な日本人スタッフがしっかりサポートいたします。(※オプションサービスとなります)

オフショア開発を成功させるために大切なことは、オフショア開発固有のリスクを見極め、コミュニケーションの技法やツールを正しく用いることです。

オフショア開発の立ち上げや運営方法を経験豊富な日本人エンジニアがお手伝いさせていただきますので、オフショア開発の経験が無いご担当者様でも安心してオフショア開発をはじめることができます。

オフショア開発経験が豊富な企業様は、「立ち上げサポート」は不要です。
ただし、オフショア開発の経験がない状態でオフショアを利用するのはリスクが伴います。
「立ち上げサポート」のサービスを利用してもコストメリットは得られますので、リスクを回避する為に段階的な体制構築を行う事をお勧めします。
初期開発からいきなり大幅なコストダウンを狙うのではなく、「立ち上げサポート」を活用し、着実にオフショア化の体制を構築することが成功のカギとなります。

オフショア先(ベトナム)に関するご質問など

背景

過去のオフショア先として最も選ばれたのは中国でしたが、日中関係の悪化など政治的背景から大きな影響を受けやすく、
現状賃金水準の高騰によりコストも上がっている事も重なり、リスクを分散させるためASEAN諸国が注目されています。

選ばれる理由

・ベトナムのエンジニアレベルが上がっており優秀な人材が確保し易い。
ベトナムは国としてIT教育に力を入れていることもあり、情報系の学部を設置している大学が270ほどあります。 こうしたところでITを学んだ学生は、プログラマーとしての基本的な知識がしっかりしており、勤勉な国民性もあってベトナムには良いプログラマーが多い。
・ベトナム人は世界でもトップクラスの親日国。
日本が政府開発援助(ODA)の最大の援助国としてベトナムの経済・社会の近代化に貢献しており、ベトナム政府としても意識的に国民伝達するようにしているため、ベトナム人には親日感情が育まれています。
・コストが安い。
ベトナムは東南アジアの中で4番目に単価が安く、エンジニア単価は中国の半額程度、日本の1/3 ~ 1/4です。もちろん、エンジニアの技術レベルによっては変わってきますが、今もっともコスパが良いのはベトナムだと思います。

通信(ネットワーク)状況

システムギアベトナムではFTTH(光通信)を使いデータの受渡しを行っております。 光回線は4本引いており、ルーターにはIPアクセス制限をかけ、お客様によって専用回線(専用IPアドレス)を分け、重要ファイルなどの送受信を行いセキュリティー性も高めております。

電力状況

電力に関して毎年、停電は減ってきているホーチミン市ではありますが停電に備えてビルには自家発電機を備えてあります。 そしてすべてのサーバーならびにPCにUPSを設置しており、停電後自家発電への切り替えにも対応しております。

システムギアベトナムのご紹介

はい。ベトナム現地オフィスには日本人スタッフが常駐しています。オフショア開発でもっとも懸念される言語面での不安はありません 。

オフショア開発を始める前には委託先企業様に現地視察をお勧めしています。
これまでたくさんの企業様に現地を視察していただき、「これなら安心して任せられる。」とのお声をいただいております。
日本人スタッフによる日程調整、現地サポートを行っておりますのでご安心して来社ください。

ベトナム現地視察について詳しく

ベトナムは国としてIT教育に力を入れていることもあり、情報系の学部を設置している大学が270もあります。
こうしたところでITを学んだ学生は、プログラマーとしての基本的な知識がしっかりしており、勤勉な国民性もあってベトナムには良いプログラマーが多いのです。

またベトナム人は世界でもトップクラスの親日国であり、オフショア開発拠点として近年注目を浴びています。


  • 国名:ベトナム社会主義共和国
  • 首都:ハノイ
  • 中央政府直轄市:ハノイ、ハイフォン、ダナン、ホーチミン、カントー
  • 人口:9072万人
  • 平均年齢:29.2歳
  • GDP成長率:5.98%
  • インフレ率:4.09%

※すべて2014年の数値です。

開発内容(技術)に関するご質問など

スマートフォン、タブレット向けのアプリ開発会社が多い中、
「システムギアベトナム(SystemGear Vietnum Co.,Ltd.)」は従来から日本向けに特化した業務アプリ開発、組み込み開発を多数経験しております。

開発実績

日本語によるドキュメント作成やコード中に日本語のコメントを挿入する事が可能です。

費用に関するご質問など

案件の規模や開発内容により、コストメリットの額は変わります。
自社で人材を選定し、チームビルディングを行い、開発を一から始めることを考えると必ずメリットがあります。
どの程度の効果が見込めるのか、具体的にお答えいたします。ぜひ私たちにご相談ください。

お問合せ・資料請求

サービス内容詳細を見る
資料請求・お問合せ

メインメニュー|日本システム開発

Copyright

ページトップへ