「国際ホテル・レストランショー HCJ2018」に出展しました。

「国際ホテル・レストランショー HCJ2018」に出展しました

日本システム開発株式会社は、2018年2月20日(火)~2月23日(金)まで東京ビッグサイト(国際展示場:東京都江東区有明)で開催された「国際ホテル・レストランショー HCJ2018」に出展しました。

開催期間中はご多忙中にもかかわらず、弊社ブースにご来場くださいまして、誠にありがとうございました。
お陰様を持ちまして期間中は連日多数のお客様にご来場頂き、大盛況のうちに無事に終了致しました。
ご来場を賜りながら充分な時間が取れず、何かと行き届かない点もあった事と存じますが、 ご容赦賜りますようお願い申し上げます。
日本システム開発のfastチェックインサービスをはじめとするホテルソリューションについて、何かご不明な点やご質問等がございましたら、 いつでもどうぞお気軽にお問い合わせください。

展示会の様子

国際ホテル・レストランショー HCJ2018:展示会の様子01
国際ホテル・レストランショー HCJ2018:展示会の様子02
国際ホテル・レストランショー HCJ2018:展示会の様子03
国際ホテル・レストランショー HCJ2018:展示会の様子04

会場で頂いたお客様の声

ここまで技術が進んでいることに正直に驚いた。
自動精算機は様々なメーカーから出ており、それなりに知っているつもりでいたが、ゲスト到着前にレジ登録まで出来るサービスは初耳で、これは便利だなと感心した。
パスポートリーダーやICカードキーの自動発行機能など、将来的な運用の変化も視野に入れたシステムでよく考えられている。来年開業予定のホテルに採用できないか、提案してほしい。
(大手ホテルチェーン 総支配人)

地方ホテルを経営しているが、人手不足が日々深刻化しており、解決方法を探していた。ホテルの規模から、自動精算機のような大型機器の導入は難しく、なかなか良い方法が見つからない中、ローコストで導入できるカウンタータイプのKIOSKチェックイン機を見つけ、希望が見えた気がする。
(地方ホテル 運営会社 代表取締役)

fastチェックインサービスはチェックインの時に必要な業務の中で、「お客様にお願いできることは全て到着前に済ませておく」という発想自体が新しくて、素晴らしい!
ホテルをチェーン展開しており、各ホテルで部屋数が違うが、状況に合わせて機器を選べるのが良い。PMSに接続できる点も良い。
(チェーンホテル 宿泊支配人)

当ホテルはICカードキーではなくシリンダーキーを使用しているが、問題なくfastチェックインサービスを利用できる点が良い。将来の設備更新でICカードに切り替えるメリットも十分あり、比較的長いスパンで考えても価値があると感じた。持ち帰ってすぐに検討したい。
(ビジネスホテル フロント課 課長)

QRでチェックインが出来る点ももちろん良いが、インバウンド対応(多言語対応、パスポートリーダー)が標準で付いてくるのがすごいと思う。
導入までにはクリアしなくてはいけない課題もあるが、相談に乗って欲しい。
(観光リゾートホテル 総支配人)

今回の出展内容

fastチェックイン・fastチェックアウトサービス

fastチェックイン・fastチェックアウト
● スマホでレジ登録
● QRコードでチェックイン
● スマホでチェックアウト

サインレスチェックイン&フロントに寄らずチェックアウト!
スタッフの業務負担を軽減し、フロント混雑を解消することで
顧客サービスの向上にも繋がります。

fastチェックイン・fastチェックアウトをもっと詳しく

fastチェックインサービスの概要
ADC-5200 Type-H
(ホテル向け自動チェックイン機・自動精算機)
fastチェックイン・fastチェックアウト

ICカードキーの発行・回収機能、スマートキー、パスポートリーダーに対応可能なホテル専用自動チェックイン・自動精算機

各社ホテルカードロックに対応したICカードキーの発行・回収機能に加え、スマートキー、インバウンドゲスト用のパスポートリーダーにも対応可能なホテル向け仕様の自動チェックイン・自動精算機。

自動チェックイン機・自動精算機 ADC-5200 Type-H

counterKIOSK(カウンターチェックイン機)

チェックインブースにコンパクトに設置いただけるクレジット精算専用のチェックイン機。電子サイン、カードキーの有効化など、ゲストによるセルフチェックインを実現します。


この件に関するお問い合わせ先窓口
営業本部 営業2部  担当:水沼(みずぬま)
TEL: 03-6858-2535

サイドメニューコンテンツ

お問合せ

お問合せ窓口

サブメニューおよび関連コンテンツ

メインメニュー|日本システム開発株式会社

Copyright

ページトップへ