運輸・物流ソリューション

衝突防止補助システム

前方追突事故削減率を平均80%実現!販売実績6万台の実力!
後付けできる衝突防止補助システム

mobileye製品画像

Mobileye(モービルアイ)570

車両のフロントガラスに取り付けたカメラが前方車両・歩行者・オートバイ・車線を検知。 前方車間距離警報・歩行者衝突警報・車線逸脱警報など、衝突の危険が迫ると アイコン表示とビープ音による警報を発して、居眠り・ふらつき・過労・脇見運転等による 交通事故を防ぎます。

  • 安全運転支援
  • 後付けOK
  • 5つの警報機能
  • エコ運転支援
  • 導入実績6万台
  • 製品保証3年間

特長

今ある車両に後付けできる衝突防止補助システム

  • 後付けできる衝突防止補助システム
  • 前方車両衝突警報・歩行者衝突警報・車線逸脱警報など、5つの警報で事故を防ぐ
  • 運輸事業向けトラック、バス・商用車ユーザーに支持され6万台の実績
  • 従来のMobileye530の後継機種
  • 欧州安全統一規格のUN-ECE基準「車線逸脱警報装置」に適合
  • 貸切バス向けの「特定ASV技術」に適合(車線逸脱警報装置)

5つの警報機能で不注意による事故を防ぐ瞬間効果

前方車間距離警報アイコン
前方の車両やオートバイをモニターし、相対速度、相対加速度などから約2.7秒以内に衝突する危険性があると判断した場合に、「ピーピーピーピー!」というけたたましい警報音と赤いアイコン表示で警告します。 ドライバーは追突の回避に十分な時間を確保することができます。
歩行者衝突警報アイコン
特許を取得したMobileye独自のテクノロジーによって、昼のあいだ歩行者や自転車を識別します。約2秒以内に衝突する危険性があると判断した場合に、「ピー、ピー」という警報音とアイコン表示で危険を知らせます。
前方車間距離警報アイコン
前方車両までの距離を自車の秒速で割った、"車間秒数"(そのままの車速で走り続けた時に前方の車両がいた地点へ到達する秒数)をリアルタイムでアイコン表示します。事前に設定した秒数よりも車間距離が短くなると、「ピーン」という警報音とアイコン表示によってドライバーに注意を促します。
車線逸脱警報アイコン
時速約55Km以上で走行中、ウインカーを出さずに車線をそれた場合に、「ルルルルル」という警報音と白線上のアイコン表示で警告します。高速道路などでの、「脇見運転などの不注意」や「居眠り運転など意識レベルの低下」を警告。主にガードレールや路肩への接触や横転事故を防ぎます。
低速時前方車両衝突警報アイコン
渋滞時や信号待ちの際のAT車のクリープ現象*や傾斜地でのブレーキ踏力の緩みによる前方車両への追突事故を防ぎます。あらかじめ設定した仮想バンパー範囲内に入ると「ピッピッ、ピッピッ」という警報音を発します。 *エンジンがアイドリングの状態のときにアクセルペダルを踏まなくても車両が動く現象

運転の癖を矯正する継続効果

使い始めは警報が頻繁になり、煩わしく感じますが、自然と警報が出なくなる運転を心掛けるようになります。
また、無駄なアクセル・ブレーキ操作が減るため、燃費の向上も報告されています。
継続効果グラフ

保守体制

安心してシステムを使用頂くために、サポート・サービスに力を入れています。 お客様からのシステム改善要望や、業界の将来を見据えた機能追加を年2回のリビションアップで 実現し、充実した保守内容と共にご提供しています。

お問合せ

衝突防止補助システムについてのご質問やご要望、お見積依頼など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

東日本

03-6866-0051

メールで問い合わせる

担当:中村(なかむら)


西日本

052-205-8851

メールで問い合わせる

担当:富田(とみた)

メインメニュー|システムギア

ページトップへ