コロナ対策ソリューション:コロナワクチン接種会場業務支援システム

コロナワクチン接種会場 業務支援システム

ワクチン接種会場で多発している接種券の読み取り不良の改善や
接種後の副反応観察のための待機状況を管理するシステムをご提案します

新型コロナワクチン接種券
読取専用OCRリーダー

VRS-1952GHD-1USB(無線タイプ)
VRS-1950GHD-1USB(有線タイプ)

Xenon1952-Vaccine-SGD

ワクチン接種後待機時間
チェックシステム

整理券発行機 / セキュリティゲート

整理券発行機 / セキュリティゲート

新型コロナワクチン接種券読取専用OCRリーダー

読取スピード0.1秒!
ワクチン接種券の読取り専用リーダー

全国の新型コロナワクチン接種会場では、接種券の読み取りの不具合が多発しており、1人分の読取りに10秒近くかかることもあります。数千人が訪れる大規模接種会場では混雑を避けるため、入力業務を後回しにするなど作業者の方々の負担が増えているのが現状です。

新型コロナワクチン接種券読取専用OCRリーダーは、ワクチン接種券の18桁の数字「OCRライン」を読みとるようにあらかじめ設定済みです。政府配布のタブレット端末に、付属のUSBコネクタで接続するだけで、「ワクチン接種記録システム(VRS)」の読取り画面で読み込んだOCRラインを直接反映できます。
バーコードやQRコードのように「ピッピッ」と素早く連続で読み込めるので 一日数千人を受け付ける、大規模接種会場でも、手間取ることなく処理を進めることが可能です。

新型コロナワクチン接種券読取専用OCRリーダー

ワクチン接種券の18桁の数字「OCRライン」を読み取るように設定済み

付属のUSBコネクタで、政府配布のタブレットに接続すれば設定不要ですぐに使えます

ワクチン接種記録システム(VRS)対応

バーコードを読み取るように1秒以下で数字(OCRライン)を読取ります。

クレードルから10m離れても無線通信が可能(無線タイプ)

スキャン回数(満充電時)最大50,000回可能(理論値)

New Topics

― 導入したお客様の声 ―

「接種券専用のOCRリーダー導入前は400人分の接種券の読み取りをタブレット1台で、5時間かけて行っていましたが、OCRリーダーを導入して、同じ作業が1時間以内で終わるようになって、本当に本当に助かっています!」

新型コロナワクチン接種券読取専用OCRリーダー

オンライン販売はこちら

ワクチン接種後待機時間チェックシステム

接種後30分待機を徹底して
アナフィラキシー症状を見逃さない!

ワクチン接種後の30分間、アナフィラキシーなど副反応の観察のため会場に留まっていただくことを徹底していただくチェックシステムです。

接種時にバーコードを記載したレシートを発券し、接種会場退場時にレシートをゲートにかざし、30分が経過していない場合は警告音で会場管理者へ通知、待機を促します。
番号券発行機とセキュリティゲートの組み合わせで、接種会場での待機時間管理をサポートします

接種後待機時間チェック支援システム:アナフィラキシー症状を見逃さない

整理券発行機とセキュリティゲートを組合わせた管理システム

ワクチン接種時にお渡しするバーコード付きのレシートを退場の際にゲートにかざし、退場可能な時刻かどうかをチェックします。待機時間は、15分と30分など2種類登録ができ、被接種者の健康状態により、任意の時間を選択してレシートを発行することが可能です。

接種時にバーコードを記載したレシートを発券し、接種会場退場時にレシートをゲートにかざし、30分が経過していない場合は警告音で会場管理者へ通知、待機を促します。

保守体制

コロナワクチン接種会場業務支援システムはお客様のご希望に応じて最適なサポート体制をご用意しております。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

お問合せ

本ソリューションについてのご質問やご要望、お見積依頼など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

06-6910-4660

メールで問い合わせる

担当:面川(おもかわ)

メインメニュー|システムギア

ページトップへ