財務経理ソリューション:手形管理システム

手形管理システム|財務経理ソリューション

手形券面をスキャナで読取り、OCRソフトにて券面情報を自動取得。
受取手形の入力業務にかかる負担を大幅に削減する、
手形管理システムです。

手形管理システムについて

受取手形の処理にお悩みを抱える、経理・財務ご担当者様のご要望により誕生した手形管理システムは、受取手形の処理に特化したシンプルな構成で使いやすさは格別です。
手形券面をスキャンし、券面画像をOCR処理することで、受取手形情報の自動入力および管理/集計、上位システム(会計システムなど)との連携等が可能となります。
汎用スキャナを利用したシステムですので、コストを抑えた導入が可能となっております。

このような方におすすめします

受取手形の入力ミス防止

入力ミスを防ぎたい

手作業での大量な手形入力の処理に追われ、入力ミスをしていないか気になる。

無駄なコピー作業の省略

コピー作業をなくしたい

手形の控えを取っておく必要があり、手形券面のコピーに時間と手間がかかっている。

受取手形の紛失防止

手形の紛失を防ぎたい

手形現物と明細表で支払期日や金額に間違いが無いかチェックを行なっている。

手形管理システム 導入のメリット

  • 受取手形情報の自動入力で、データ入力処理を強力に支援
    受取手形をスキャンするだけで、金融機関情報や口座番号、手形番号、金額などを自動入力します。
    後は、入力画面で取得した券面イメージを確認しながら、支払期日などを入力するだけ。
    データエントリーが最小で済み、受取手形の各種情報入力にかかる業務を大幅に削減します。
    手形管理システム:メリット - 入力業務の効率化
  • 受取手形のイメージを活用した運用でセキュリティ向上
    大切な手形現物は、スキャン後すぐに金庫へ保管してください。受取手形イメージを利用した業務となりますので、不用意に手形現物に触れるリスクがなくなります。もちろん、コピーも不要となりますので、コピー作業の時間も削減いただけます。
    データ管理された券面イメージは、手形管理システムの検索機能で、いつでも素早くご確認いただくことも可能です。
    手形管理システム:メリット - セキュリティ向上
  • 会計システムとのデータ連携で業務の効率化と精度アップ
    手形管理に必要な明細表出力や、上位システム連携にご利用いただけるCSVファイル出力に対応しております。ご利用中の会計システムなどに対応できるよう出力ファイルフォーマットのカスタマイズにも対応しておりますので、是非ご相談ください。
    手形管理システム:メリット - データ連携で精度アップ!
手形小切手の取扱量、業務内容や各所との連携などをお伺いし、予算に応じた柔軟なシステム構成にてご提案させていただきます。
まずは、お問い合わせいただき、現在の状況や問題点などをお聞かせください。

資料請求・お問合せはこちらから

手形管理システムの機能について

受取手形読取 約束手形・為替手形・小切手のイメージ画像取得
手形情報入力 受取手形のスキャン画像取得、券面情報のOCR処理
帳票出力 処理済み手形入力情報の一覧表作成
ファイル出力 上位システム連携用の手形情報のファイル出力
(出力フォーマットは別途ご相談)
手形照会・修正 入力した受取手形の照会および修正機能
(照会データは、画像とともに印字可能)
マスタ管理 各種マスタの更新、利用者パスワード管理機能
(詳細機能は、別途お打合せ)
データ管理 データバックアップ、削除機能
(保存期間は、別途お打合せ)

手形管理システムの導入事例

日建リース工業株式会社様
ADC-6000を利用した手形管理システムを導入いただきました。

導入事例:日建リース工業株式会社様
導入事例のご紹介:株式会社アクティオ様

株式会社アクティオ 様  公式サイト

月間2000枚にも上る財務部での手形管理業務を効率化するため、MICRリーダソーター ADC-6000を使った「受取手形管理システム」を導入頂きました。

重要証券である受取手形は、現金同様取り扱いに細心の注意が必要で、神経を使う業務だったため、これまで多くの人手に頼っていました。

とくに、金融機関への取立業務で発生する期日順、金額順の並び替え作業や年度末の受取手形棚卸(実査)処理には、多くの時間が取られていましたが、MICRリーダソーター ADC-6000の導入により、分速約200枚の処理能力で瞬時に間違いなく処理できるようになりました。

導入事例のご紹介:ナス物産様

ナス物産株式会社様  公式サイト

2016年9月 手形管理システムを導入いただきました。
全国に営業拠点があるステンレス鋼専門商社の大手であり、枚数の多い受取手形の処理にご活用頂いております。

手形管理システムの構成イメージ

下記の構成イメージはあくまで一例です。手形の処理量や既存の運用をお伺いし、最適な組み合わせをご提案いたします。是非、お問合せください。

取扱量の多い事務センター様向けプラン

手形管理システムの関連製品

ドキュメントスキャナー DR-6010C

汎用スキャナを利用したシステム構成となり、コストを抑えつつ、充実したサポート体制のもと手形管理システムをご利用いただけます。また、手形や小切手以外(A4サイズまで)の読取りも可能ですので、手形入力以外の業務にもご利用いただきます。

DR-6010Cの詳しい製品情報

MICRリーダーソーター ADC-6300(ADC-6000後継機)

MICRリーダーソーター ADC-6300
MICRリーダーソーター ADC-6300
(画像はMICRエンコーダーユニットを搭載)

主に金融機関にて利用されている手形小切手専用のリーダー・ソーターです。
手形小切手の券面スキャン、及び、券面に記載されたMICR文字を高速に読取り、任意の条件にて振り分けを行ないます。手形の処理量が非常に多い場合にお奨めしている製品となります。
こちらも対応OSは最新であるWindows10に対応。長期間の安定稼動にて運用いただけます。

ADC-6300の詳しい製品情報

保守体制

ハードウェアメーカーとして40年以上にわたり、「製品開発力」「品質」を強みとした日本システム開発は保守体制も万全です。
年間保守契約はオンサイト保守、リモート保守、定期点検、システムの運用サポートなどをご用意しており、導入後の支援体制を益々充実させるべく体制強化を行っております。

オンサイト保守について詳しく

お問合せ

本ソリューションについてのご質問やご要望、お見積依頼など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

03-6858-2535

メールで問い合わせる

担当:住(すみ)

メインメニュー|日本システム開発株式会社

Copyright

ページトップへ